読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JaGraプロフェッショナルDTP&Webスクール スキルアップブログ

JaGraプロフェッショナルDTP&Webスクールの講師とスタッフが綴る、日々感じたさまざまなできごとやお役立ち情報!

2009年を振り返って

DTP
2008年末に引き続き、今年も2009年に起こったDTP関連の出来事を振り返ってみたいと思います。 昨年はAdobe Creative Suite 4が発売され、スクールでもアプリケーションの入れ替えや新しいハードの導入などで忙しい一年でしたが、今年はCS4での実習を継続したおかげで、環境整備の面では落ち着いた一年でした。 8月後半にMac OS Xの最新OS「Snow Leopard」(スノーレパード)と、10月に新しいWindows OSである「Windows 7」が発売されたことをのぞくと、今年はDTP関連でこれといった大きな話題がなかったようにも思えます。 さて、一方で個人的に気になったのは、雑誌の休刊が相次いでいることです。 かの有名な「主婦の友」が昨年休刊した時は衝撃が走りましたが、今年も雑誌の休刊・廃刊状況は回復していないようです。 下記ページで2009年度に休刊・廃刊が決まった雑誌を見ることができますが、「 マリ・クレール」や「Chou Chou」など、馴染みのある雑誌も休刊が決定しました。 ▼2009年度 雑誌 休刊・廃刊情報(ブックス ルーエ) http://www.books-ruhe.co.jp/recommends/index/magazine/old.htm スクールの受付ラウンジで定期購読していた「編集会議」も、今年の2月をもって休刊…。 その他、DTP系雑誌として「MdN」、Web系雑誌として「Web Designing」を購読していますが、DTPの有名誌だった「DTPWORLD」も、今年の5月号を最後に休刊してしまい、以前に比べると雑誌の選択肢も少なくなっています。 この前、テレビで豪華付録のついた雑誌が売れていると報じられていました。 そういえば、最近はブランドと共同で開発したバッグやポーチ等のオリジナル商品付き雑誌がたくさん書店に並んでいるのをよく見かけますよね。 これも、雑誌という媒体が「読み物」としてのニーズを失いつつあることの表れなのでしょうか…。 雑誌の不振は、DTP業界や印刷業全体にとって関わりの深い事柄なので、非常に気になるところです。 …と、2009年を振り返っての記事は、何だか暗い内容になってしまいましたicon:sweat
広告を非表示にする