読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JaGraプロフェッショナルDTP&Webスクール スキルアップブログ

JaGraプロフェッショナルDTP&Webスクールの講師とスタッフが綴る、日々感じたさまざまなできごとやお役立ち情報!

Illustratorは難しい?

DTP スタッフ
スクール受講者の皆さんにいただくご相談として、

Illustratorの操作が難しくて授業についていくのが大変だ」

というものが多く見受けられます。

Illustratorについて、どのような点を難しく感じられるかというと、

  • キーボードショートカットが覚えられない
  • 左手でキーを押しながら、右手でマウスを動かす操作が難しい
  • 図形を描く感覚がつかめない
  • ツールの持ち替えができない
などが挙げられます。

日常的にパソコンを使用しているものの、文字入力中心の作業をしている方や、ほとんどの操作をマウスのみで行っている方にとっては、慣れない操作ばかりでクタクタになってしまうようです。
特に絵心がある人などは、「絵はわりと得意な方なんだけど、簡単な図形すら描けない...」と落ち込んでしまったり。

でも、Illustratorもコツさえつかめば、そんなに難しいアプリケーションではありません。
ここでは、Illustratorを使用する前に、練習しておくといい事柄について書いてみようと思います。



まず、下記に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

  1. Word、PowerPoint、ペイントで図形を描いたことがない
  2. コピー・ペーストなどの操作をすべて右クリック、もしくはメニューから選択している
  3. マウスを使わず、トラックパッドでしか操作したことがない

当てはまった方は、Illustratorを勉強し始める前に、下記の操作を練習してみましょう。
業務内容によっては、今までこのような操作をしたことがない方も意外と多いのではないでしょうか。
どれもすぐ実践できることばかりなので、ぜひトライしてみてください。

  • WordやPowerPointの図形ツールで、長方形や楕円をひたすら何個も描いてみる。
  • WordやPowerPointで描いた図形を、Ctrlキーを押しながらドラッグして動かしてみる(Ctrlキーを押しながらドラッグすると、図形が複製されます)。
  • 操作に極力キーボードショートカットを使うようにする。まずはよく使う「プログラムの終了」「コピー&ペースト」から。
    プログラムの終了:Alt+F4/コピー:Ctrl+C/ペースト:Ctrl+V
    ▼その他便利なショートカットはこちら(Windowsのキーボードショートカット)
    http://support.microsoft.com/kb/126449/ja
広告を非表示にする