読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JaGraプロフェッショナルDTP&Webスクール スキルアップブログ

JaGraプロフェッショナルDTP&Webスクールの講師とスタッフが綴る、日々感じたさまざまなできごとやお役立ち情報!

MacintoshでPhotoshop CS5のPhotomergeが実行できない

DTP スタッフ
先日行われた「Photoshop実務必須テクニック」の講義内で、Photoshop CS5のPhotomergeを利用したパノラマ合成操作をしたところ、Macintoshで受講していた受講者の方のほとんどが操作を実行できずに終わるという怪現象が発生しました。

受講者の方には大変ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。

この現象では気になる点が3点ありました。

  1. Windows受講者の方は、Photomergeを問題なく実行できた
  2. 前回の講義では、MacintoshでもPhotomergeを問題なく実行できていた
  3. Photoshop CS4でPhotomergeを実行していた時も問題がなかった

そこで講義後にいろいろ検証を行いました。
Photoshop CS5を32bitで起動してみたり、環境設定でメモリの割り当てをほぼ100%にしてみたり...。
しかし、何をどうやってもPhotomergeは動いてくれません。

その後、Photomergeを実行できなかった原因が分かったのですが、それはあまりにも意外なものでした。

なんと、Photomergeに使用する画像データのファイル名が日本語だったことが原因だったのです。

別のファイルを使ってPhotoshop CS5のPhotomergeを実行してみたところ、うまくいったことがキッカケで気付いたのですが、試しに怪現象が起こった時の画像データを日本語ファイル名→半角英数に変更して実行したら、何ら問題なく実行できました。
Photoshop CS4で講義を行っていた際は、画像データをすべて半角英数にしていたのですが、「○○というファイルを開いて下さい」と指示する時、日本語の方が分かりやすいということで、Photoshop CS5からは日本語ファイル名に変えてもらっていたのが災いしたようです。

どうして画像のファイル名が日本語だとMacintoshでPhotomergeが実行できないのか、原因は定かではありませんが、Macintosh OSのアップデートが関係している可能性があるかもしれません。

今後は、画像データのファイル名をすべて半角英数に戻すことで、対処していきたいと思います。

【補足】