読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JaGraプロフェッショナルDTP&Webスクール スキルアップブログ

JaGraプロフェッショナルDTP&Webスクールの講師とスタッフが綴る、日々感じたさまざまなできごとやお役立ち情報!

widthの読み方

HTMLの属性やスクリプトのプロパティで「幅」や「高さ」を示す「width」と「height」。後者は多くの人が「ハイト」と発音するでしょう。けれど、前者の読み方にばらつきがあるようです。

DisplayObject_width.png

意外とよく聞くのが「ワイズ」です。「wide」(ワイド)から連想する気持ちはわかります。でも、結論としては「ウィズ」または「ウイズ」が適切です。

業界は違いますが、靴の幅を示す用語に「width」があります。これが「ウィズ」 (BEAMS+ Blog「マックかマクドか!?"業界のグレーゾーンにメスを入れる"」、「靴の用語辞典」)または「ウイズ」(株式会社リーガルコーポレーション「知りたい!靴のマメ知識」)と書表わされています。

また、英語の発音としても英英辞書のDictionary.comは、「width」の項で「often, with」つまり「with」と同じ発音でもよいとしているのです。

もっとも、英辞郎は「width」の発音をカタカナで「ウィドゥス」と示しています。実際、「width」はこのカタカナで表すのだという人も少なくないようです。しかし、何とも読みにくい単語のうえ、未亡人「widow」(英辞郎のカタカナ表記「ウィドウ」)がたくさんいるのかと勘違いされかねません。

『width』『height』の読み方(発音)を音声データで!」で、いくつかの辞書の発音を聴き比べることができます。興味のある方は、果たして「ウィドゥス」と聴こえるかどうかお確かめください。

広告を非表示にする