読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JaGraプロフェッショナルDTP&Webスクール スキルアップブログ

JaGraプロフェッショナルDTP&Webスクールの講師とスタッフが綴る、日々感じたさまざまなできごとやお役立ち情報!

もしもパラメータが変わったら − 感度分析

数式にもとづく計画や仮説を立てて、Excelなどで結果の数値を出したとします。その前提の数値が変われば、当然結果の値も変わります。パラメータを変えてみて結果がどう変わるか分析する手法に「感度分析」があります。

感度分析
分析したいアウトプットをいくつかの変数(パラメータ)に分解し、その変数が変動したとき、アウトプットにどの程度の影響を与えるかを調べる手法。

ただ計算式や結果の数値だけを見せる場合と比べて、クライアントや上司への説得力は増します。また、分析結果をグラフなどにすれば、代理店にありがたがられます。

たとえば、とあるフォーラムにこんな疑問が寄せられました。

約27kmの距離を自転車通勤しています。信号にちょくちょく止められるためか、元気で速く走れたときも、あまりスピードが出せなかったときも、所要時間は90〜95分と大きく変わりません。

信号待ちがまったくなかったとしたら、所要時間90分なら平均時速18km/時です。95分かかったときは、その時間差がそのまま速度の違いとなり、17.1km/時が平均時速になります。そこで、感度分析をするために、前提を決めます。

  1. 所要時間は最短90分、最長95分とする。
  2. 信号待ちの時間は、平均時速が変わっても同じとする。

速いときの平均時速を18km/時から30km/時まで1km/時単位で変えてみて、遅いときの平均時速がどう変わるか調べてみましょう。プログラムを使えば簡単なループ処理(forステートメント)で計算できます。

90分の時速 走行時間 信号待ち 信号待ち率 95分の時速 速度比率
18 90.0 0.0 0.0% 17.1 94.7%
19 85.3 4.7 5.3% 17.9 94.5%
20 81.0 9.0 10.0% 18.8 94.2%
21 77.1 12.9 14.3% 19.7 93.9%
22 73.6 16.4 18.2% 20.6 93.6%
23 70.4 19.6 21.7% 21.5 93.4%
24 67.5 22.5 25.0% 22.3 93.1%
25 64.8 25.2 28.0% 23.2 92.8%
26 62.3 27.7 30.8% 24.1 92.6%
27 60.0 30.0 33.3% 24.9 92.3%
28 57.9 32.1 35.7% 25.8 92.0%
29 55.9 34.1 37.9% 26.6 91.8%
30 54.0 36.0 40.0% 27.5 91.5%

所要時間90分のとき平均時速25km/時だとすると、信号待ち時間が25.2分となり、所要時間の28.0%を占めます。同じ時間信号待ちをしたなら、所要時間95分のときの平均時速は23.2km/時です。速いときの平均時速を30km/時まで上げると、所要時間の40%が信号待ちになります。すると、平均時速を27.5km/時まで下げても、5分差の95分で目的地に到着する計算です。

この感度分析の結果を見て、計画や仮説を改めて見直します。納得いけば信頼性が増します。そうでなければ、前提や計算方法に問題がないか考えなければなりません。

 Adobe Flash ActionScript講座